富士宮まつり

概要

富士宮まつりは毎年11月3日から5日にかけて行われる、富士山に間近い山車祭りです。
富士宮まつりは浅間大社秋季例祭に、氏子町内が祭り囃子を賑やかに囃しながら山車や屋台を引き回し、収穫と一年の無事を感謝するものです。11月の3日から5日まで行われ、勇壮な競り合いを売り物に20の町内が実施しています。

競り合い

湧玉琴平と湧玉宮本の競り合いを琴平の山車中より撮影

浅間大社で前日祭が行われる初日の3日には豊作と1年の無事を感謝し、これから行われる祭りの安全を祈って宮参りが行われます。山車は町内に残し、祭りの参加者が隊列を組み太鼓を担ぎ、道囃子を囃しながら大社に詣でます。お祓いを受け、全区囃子方による囃子が奉納された後、御幣を受領し、大宮木遣りに送られて帰途につきます。
宮参りから帰着後、引き回しが行われます。要所要所で踊りを披露し、競り合いなども夜まで賑やかに行われる事から、祭りの初日は“宵宮”と呼ばれています。
浅間大社で本祭が行われる中日の四日には浅間大社周辺に山車・屋台を集結させ、“本宮”が行われます。
勢揃いの後浅間大社前で式典を行い、一斉に囃子を奏した後に踊りを踊ります。その後山車を移動させ目抜き通り各所において勇壮な競り合いや踊りなどを繰り広げます。

ギャラリー

ムービー

関連動画です

奉納囃子

初日宮参りでの奉納囃子です。

競り合い

湧玉宮本と湧玉神立の競り合い

関連サイト

富士宮まつり 富士宮まつり青年協議会製作の公式サイト

富士宮囃子と秋祭り 富士宮囃子保存会による富士宮まつりの資料集

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク