伝統・文化一覧

交換札納札所

バーチャル千社札で、貼り札のルールに囚われぬ交換札の掲示所です。貴方の交換札をこのページで披露してみませんか?このページでご紹介させていただきます。交換札は名刺代わりに交換するなら、印象に残ること請け合い。 お気に入りの写真から、あるいは描いて貰った絵から、既成の絵やフォントを編集してなど、趣向を凝らすことが出来ます。

祭り囃子の発表を考えた

祭りという場があってこその祭り囃子だから、太鼓と囃子方だけで囃子を披露すると言うことに違和感を感じていました。 かといって発表の場に祭りを持ってくる訳にも行きません。 関東ブロック民俗芸能大会出演に際して会長と一緒に考え、プロジェクターによる祭りシーンの投影とナレーションをバックに、囃子を披露すると言う形にしました。

千社札(交換札)を楽しもう

千社札を真似たシールが無秩序に貼られ、神社仏閣を鳩の糞のように汚している。そんな状況を目にしてシールの通販は止めました。でも、貼らない千社札交換札なら、色鮮やかで独創性に満ちたデザインが楽しめます。ユニークな札を名刺代わりに交換してみませんか。

祭りと消防団

秩父夜祭である屋台蔵に立ち寄った時に、警備の消防団員の方とお話をさせていただいき、親しみを感じていただいたものか蔵の中まで案内していただき、詳しく説明を聞く事が出来ました。 わが富士宮市でも祭りと消防団の結びつきは強く、地元の祭りに関わる青年層は地域の消防団員を兼ねている事が多いです。

知ってるつもりの祭り談義

お祭りが終わると、酒席などで祭り談義が盛んに交わされますが、立場が違えば見えるものがかなり違う事を思い知らされます。 群盲、象をなでるがごとしですね。 手探りで象はこんな物だと口にするのは、間違いでは無いけれどそれは象の一部でしか無い。 触れる物が違えば、それぞれにまったく違った感想となります。

富士登山と囃子奉納

富士山の麓で祭りをやっている者としては、奥宮にお囃子を奉納しようという気持ちは理解出来ます。でも、太鼓の運搬や登山という大変さになかなか実行には移せません。私どもが実行出来たのは、浅間大社青年会という神社の奉仕団体であったり、山室経営者が町内の祭りメンバーだったからという好条件に恵まれたからでした。

秩父夜祭

秩父夜祭(ちちぶよまつり)は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている埼玉県秩父市にある秩父神社の例祭であり、毎年12月1日から6日に行われる。12月2日が宵宮、12月3日が大祭であり、提灯で飾り付けられた山車(笠鉾・屋台)の曳き回しや、冬の花火大会で全国的に知られている。

城端曳山祭の魅力  2017年

城端曳山祭の魅力  2017年 富山県南砺市城端 2016年ユネスコ無形文化財登録 登録後初のまつり風景を記録しました。叙情豊かな庵唄(いおりうた)が、すばらしき城端の祭りの味わいを醸していると感じました。 若い頃、この祭りを見てきたという祭典長に話を聞かされ、いつか見たいものだと思ってパンフレットをコピーさせていただいたのを思い出します。町並みも曳山も、なにより祭り自体が良く保存されているのを感じます。 素晴らしい映像に感謝申し上げます。(管理人)