伝統・文化一覧

一生一度の晴れ舞台 古式流鏑馬「行い」

平成25年5月5日に浅間大社流鏑馬祭古式流鏑馬の「行い」に奉仕したときの写真で、富士宮囃子保存会仲間の篠原浩一さんに撮っていただきました。 浅間大社流鏑馬祭では二つの流鏑馬が行われます。 一つは流鏑馬祭に引き続いて行われる古式流鏑馬、もう一つは市内練行を終えて夕刻から行われる神事流鏑馬(小笠原流流鏑馬)です。

平成最後の祭りと昭和最後の祭り

平成時代は来年4月までなので、来年の富士宮まつりは新しい元号初年の祭りとなります。だから今年平成30年の祭りが平成最後の祭りとなる訳ですが、ご在位30年を祝っての節目の祭りになるようです。 昭和63年昭和最後の祭りはどうだったかと言うと、天皇陛下のご病状が悪化し秋まつり委員会で曳き回し全区中止が決められました。

交換札納札所

バーチャル千社札で、貼り札のルールに囚われぬ交換札の掲示所です。貴方の交換札をこのページで披露してみませんか?このページでご紹介させていただきます。交換札は名刺代わりに交換するなら、印象に残ること請け合い。 お気に入りの写真から、あるいは描いて貰った絵から、既成の絵やフォントを編集してなど、趣向を凝らすことが出来ます。

祭り囃子の発表を考えた

祭りという場があってこその祭り囃子だから、太鼓と囃子方だけで囃子を披露すると言うことに違和感を感じていました。 かといって発表の場に祭りを持ってくる訳にも行きません。 関東ブロック民俗芸能大会出演に際して会長と一緒に考え、プロジェクターによる祭りシーンの投影とナレーションをバックに、囃子を披露すると言う形にしました。

千社札(交換札)を楽しもう

千社札を真似たシールが無秩序に貼られ、神社仏閣を鳩の糞のように汚している。そんな状況を目にしてシールの通販は止めました。でも、貼らない千社札交換札なら、色鮮やかで独創性に満ちたデザインが楽しめます。ユニークな札を名刺代わりに交換してみませんか。

祭りと消防団

秩父夜祭である屋台蔵に立ち寄った時に、警備の消防団員の方とお話をさせていただいき、親しみを感じていただいたものか蔵の中まで案内していただき、詳しく説明を聞く事が出来ました。 わが富士宮市でも祭りと消防団の結びつきは強く、地元の祭りに関わる青年層は地域の消防団員を兼ねている事が多いです。