中部地方一覧

富士宮まつり 令和元年11月3日から5日

令和元年富士宮まつりが行われました。 初日宮まいりは、氏子町内が隊列を組んで浅間大社に詣で一年の感謝と祭りの無事を祈ります。 中日夕刻から本宮共同催事が行われ、大社周辺には20基の山車屋台が整列します。修祓、玉串奉奠が行われた後る笛の前唄に続き一斉に囃子が始まり、次いで共同踊り、競り合いが行われます。

令和元年富士山御神火まつり 2019.8.3

富士山御神火まつりは富士山まつりの一つで、毎年8月第一土曜日に行われます。富士山頂浅間大社奥宮で火鑽神事により採火された御神火を持ち帰り、8基の御神火台に頂き市街を練り歩きます。 その後浅間大社に戻り、真夏でも摂氏13℃という富士山の伏流水が湧き出て流れ下る神田川を遡ります。

奉祝天皇陛下御即位

午前中はこんなに良い天気だったので、このまま天気がもってくれれば良いと思っていました。石鳥居南にまで御朱印の列が繋がりました。なかなか進まないので2時間待ちを覚悟しましたが、なんとか1時間10分ほどでたどり着きました。やっぱり予報の通り開始予定の午後2時頃から雨が降り始め、楼門前馬場に着く頃には本降りとなりました。

平成最後の祭りと昭和最後の祭り

平成時代は来年4月までなので、来年の富士宮まつりは新しい元号初年の祭りとなります。だから今年平成30年の祭りが平成最後の祭りとなる訳ですが、ご在位30年を祝っての節目の祭りになるようです。 昭和63年昭和最後の祭りはどうだったかと言うと、天皇陛下のご病状が悪化し秋まつり委員会で曳き回し全区中止が決められました。