ホーム自慢日記会議ナビ写真予定書店リンクDATABASE山車掲示板Mail 

カウンタ
Yahoo!カテゴリ掲載
「祭り」の本をAmazonで探す
管理人、テレビに出ました!!
メインメニュー
製作・提供
佐野写真館のアイコン
このサイトを運営しています
広告
免責事項
免責事項
祭礼実施は近年日程が土日に変更されるなど流動化される傾向にありますが、個人編集には限界があり数多ある祭りの情報をもれなく把握することは困難です。
編集時点では合っていたにしても、曜日実施の祭りでは年ごとに日程が変わります。万一このサイトの記載情報により利用者が損害などを被ることがあっても、管理人は責任を負えません。
 祭り見物の日程確認は、その地域の観光協会などで必ずご自身で行って下さい。

Tag: 山車 屋台 曳山

月別曳山祭実施予定 anchor.png

・SIT東京さんの「日本の曳山祭」をベースに編集しましたので、祭りの詳細は「日本の曳山祭」で御覧下さい。
 地域ごと、暦ごとの紹介があります。
・それぞれの祭りについてインターネット上で関連する情報を探していますが、見つからない物は日程と場所のみのご紹介になります。

夏の曳山祭  6月の曳山祭  7月の曳山祭  8月の曳山祭
秋の曳山祭  9月の曳山祭  10月の曳山祭  11月の曳山祭
冬・春の曳山祭  12・1・2・3月の曳山祭  4月の曳山祭  5月の曳山祭

Page Top

祭りの紹介・写真 anchor.png

Page Top

山車 WikiPedia.ja:山車より引用 anchor.png

山車(だし)とは祭の際に使われる出し物。豪華な装飾が施されていることが多い。神幸祭などでは、山車が町の中をねり歩き行列になる祭もある。
やま(「山」「山車」の表記のほか、車偏に「山」の国字「軕」の表記もある)、曳山(ひきやま、曳き山とも)、舁き山(かきやま)、担ぎ山、山鉾、鉾、山笠、祭車、御車、屋台(主に長野県、岐阜県飛騨など中部地方)、地車(だんじり・だんぢり。主に関西地方)などと、地方によって様々な呼ばれ方をする。

山車(だし)の語源は、神殿や境内の外に出す出し物であるからとする説と依り代である髯籠(ひげこ)を出していたからだとする説などがある。山車は「出し物」全般を指すが、車の字がついていることから曳き山を指すことが多い。

山(山車の原型)
山(やま)は自然の山岳を模して造られた依り代で、祭礼などで用いられる。山車の原型。
古来の民間信仰では、神は山岳や山頂の岩や木を依り代として天から降臨するという考えがあり、山上や山麓に斎場を設け祭祀が行われていた。これらは山岳信仰として、或いは山岳を神体とする神社として残っている。代表的な例では大神神社(三輪山)などがあり、小さな神社でも山麓にあるものは山頂に磐座や神木を持つことが多い。
村落が発達すると平野部においても祭祀が行われるようになり、臨時の斎場が設けられた。このときにも降臨を仰ぐために依り代を立てており、これが恒久化して現在の神社のような施設ができる。この依り代の1つに、山岳を模して造られた山(やま、造り山・飾り山)がある。恒久的である神殿内部の依り代と並行して、この山は神の降臨を表現する、或いは、再確認する臨時の依り代として祭礼などで用いられるようになる。
記録に残っている最初の山は『古事記』の垂仁天皇の条にある「青葉山」で、出雲国造の祖である岐比佐都美が葦原色男(大国主)を祀る庭として青葉で飾った山を造ったとある。体形的な祭礼の物では、『続日本後紀』天長10年(833年)11月戌申条、仁明天皇の大嘗会に曳きたてられた「標山(しるしのやま・ひょうのやま・しめやま)」がある。標山には移動神座のような役割があり、山車の原型であるといわれている。大嘗会には中断された時期があり、このときに標山は廃止されたようである。
民間の祭礼にも同じようなものが登場し、形態は祭壇のようなものあるが、山との関連と運行形態から引く形式のものは曳き山、担ぐ形式のものは舁き山などと呼ばれ、また「だし」とも呼ばれるが、その漢字には山車が使われた。現在の祭礼では、巡行されない置き山は数が少なく、巡行される山車がほとんどである。
曳き山
七尾市青柏祭の曳山(でか山)。道幅いっぱいの巨大な山車が街中を曳き回される。狭い街角で方向転換をする辻回しは圧巻。
小松市お旅まつりの曳山。子供歌舞伎上演の舞台ともなる。
二輪屋台の例:掛川型。前後左右に激しく動かすことができ、激しい曳き廻しが名物である。

浜崎祇園山笠の台車は、六輪あることが特徴。
曳き山の山車の中には非常に凝ったからくりを持つものもあり、また大きさも普通の神輿サイズからその10倍以上の大きさ(重量で数トン程度)のものまで様々である。中でも、石川県七尾市の青柏祭の曳山(でか山)は重量約20トンであり、日本最大とされる。大きな物が生まれた理由として、引くという形式から巨大なものが運行可能であるということ、依り代としてより目立つ背の高いものが用いられた名残、氏子同士の風流としての競い合いの結果などがあげられる。
台車の形状は地域や地区によって、車輪が台車の内についているものや外についているもの、車輪が木製のものや金属製のもの、車輪の大きさ、台車本体の木材の組み方などの違いがあり、数多くの種類がある。
車輪の数としては四輪が一般的であり、それに補助の車輪がついているものもある。ほかには滋賀県大津市の大津祭での曳山や三重県北部の石取祭に使われる山車が三輪であり、静岡県森町から磐田市にかけての遠州中東部で引き回される二輪屋台、浜崎祇園山笠のように六輪あるものもある。また、それに伴って運行方法、運行形態も異なるものになっている。小城祇園においては、旧来は車輪がついていない山の下に丸太を次々に敷き挽いて運行するという珍しいものだったが、現在は普通に車輪のついた曳き山となっている。

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 13861, today: 2, yesterday: 2
最終更新: 2009-08-26 (水) 00:44:25 (JST) (2741d) by henporai
menu
更新

Powered by XOOPS ◇ Theme designed by OCEAN-NET + へんぽらい ◇ Copyright (c) 2004 All rights reserved.  製作提供 佐野写真館