ホーム自慢日記会議ナビ写真予定書店リンクDATABASE山車掲示板Mail 

カウンタ
Yahoo!カテゴリ掲載
「祭り」の本をAmazonで探す
管理人、テレビに出ました!!
メインメニュー
製作・提供
佐野写真館のアイコン
このサイトを運営しています
広告
Twitter : @henporai

・管理日記 - 最新エントリー

祭りの空から - お天道様はお見通し

カテゴリ : 
サイト
執筆 : 
henporai 2015-9-16 14:07
いよいよ富士宮まつりが近づいてきました。
すでにお囃子の練習などを始めている町内もあるようですが、10月の声を聴くと一斉にまつりモードに突入し準備が進みます。
富士宮まつりは市街20の行政区が参加して、毎年11月3日から5日まで実施されています。
市制施行を記念して5年ごとに大祭りを行い、その年には例年に増して市街を広く引き回します。

昔当番制を敷いた頃、当番でない町内はささやかに自町内を引き回し、当番町になった時には衣裳を新調するなどして盛大に町を広範囲に引き回したそうです。
昭和初期に私の町内が当番町として欠畑まで行った時には、日が暮れて山車をその町内に預け参加者は道綱につかまって帰ったと言います。預けられた町内の若者は寝ずの番をしたと言いますから、どちらも大変だったでしょうね。

昔の欠畑は今は祭りを休止している日の出区で、その一つ手前になるのが瑞穂区。
湧玉宮本はその瑞穂区を平成4年に訪問しています。
道路が舗装され移動にかかる時間はかなり軽減されましたので、昔のように日が暮れて山車を預けることも無くなりました。でもやっぱり距離はあり坂道もあります。この大遠征は今でもかなりの決心をしないと出来ません。

富士宮市役所竣工が平成3年(1991年)11月1日だから、前回の訪問時には出来ていたんですね。
この日大きなお腹でついて歩いたひろみさんは翌日出産し、生まれた子供はもう大学生になっています。20年という歳月をつくづく感じます。

この平成24年の20年ぶりの訪問は、快晴の好天に恵まれました。


咲花会所前を通過する我が町内です。
その先の瑞穂区が訪問先で、すでにこの時には市役所東の通りに瑞穂区は山車を止め待っていてくれました。


先ず会所を訪問し、お囃子と踊りを披露した後、



我が町内も瑞穂の山車が待つ通りに山車を進め、競り合いを行い旧交を温めました。

じつは、この咲花会所を通り過ぎた頃、頭上から写真を撮られていたのです。

(Yahoo!地図よりキャプチャーしたもの)

この写真に気付いたのは平成26年3月で、Yahoo!地図で浅間大社を表示させ写真モードにした時でした。

それがが平成24年11月4日に撮られたものと判ったのは、まず境内の露店です。
浅間大社境内に露店が出るのは5月の流鏑馬祭と11月の秋季例祭ですが、馬場の柵が無いから11月の秋季例祭と判ります。浅間大社境内拝殿前東西の石畳は平成24年完成ですからそれ以降。我が町内の正午前後の山車運行で11月3日なら居るはずのところに山車は無く、5日なら会所の片付けで人が出ているはずですがそれも無く4日に絞られます。24年以降で4日が好天だったのはまさに24年でした。
つまり、この航空写真が撮られたのは平成24年(2012年)11月4日に他なりません。


浅間大社を検索して航空写真モードで見たもの。

この撮影日当てをfacebookグループ「富士宮まつり倶楽部」で投げかけた所、河合君が次のように推理してくれました。
「身延線が高架済み、高架下の亀屋の横に出る道、鳥居の前の道がない、イオンの西に整形外科が、野中のファミマがまだないので、24年あたりでしょうか。市立病院駐車場に車がないので休日かな。咲花に仮山車小屋があるので秋宮、平等寺前と宮信東町店あたりに隊列があるので、どちらかは咲花以外かな。だとすると3よりは4日あたりでしょうか。24年の4日は振り替え休日ですし、というわけで24.11.4と思います。」

やはり同じ答でした。


関連するものの位置を赤枠で示します。
左の四角が咲花会所、その右の楕円が湧玉宮本の山車と一行、右の楕円は待機する瑞穂の山車です。
まさに1枚目の写真の直後ですね。

ちなみに写真のデータで見ると咲花会所前通過が2012/11/04, 11:44:07となっていますので、航空写真の撮られたのはその少し後の11:45頃かと思われます。

最近2億5,000万画素という高解像度カメラの話題を目にしました。
撮影場所から約18km先を飛行する飛行機の機体文字を識別出来たと言います。
これがいかほどのものかは、さすがに実例を見なければ判りません。
でも静止衛星から地上の人物が識別出来るほどの高解像度カメラが出来たなら、すごいことです。
それによって犯罪やアリバイが、証明されることもあるかも知れません。

そうなれば、お天道様の下で胸張って生きているものには強い味方です。
都合の悪いものも居るはずで、とりあえず理屈をつけプライバシー保護を叫ぶのでしょうね。
いつだって誰かに見られているんだと、私はお天道様を避けるような生き方はしないつもり。
「お天道様はお見通し」
これを信じて生きて行きます。

技術の進歩はめまぐるしいものがありますから、お天道様の眼がいつも空から見ているという日常は、そんなに遠くは無いように思います。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1299)


Twitterに私が投稿した飼い猫ビビの写真です。

懸賞で当たり送られてきたのは、ダイソンの羽根無し扇風機でした。
猫がくぐれば面白かろうと挑戦して、ビビに近くで遊ばせました。
元々髪留めゴムで独り遊びをしていましたから、ゴムを飛ばして輪をくぐらせているうちに、ビビが自分で飛ぶようになりました。それが2013年5月31日に撮ったこの動画です。



これを写真に綺麗に撮りたいと思いチャレンジすること1ヶ月あまり、やっと撮れたのが冒頭の写真です。アイデアと猫のかわいさも有り、2年で10,000を超えるリツイートがありました。
時々はリツイートの通知が入っていたものですが、それがまとまって届くという事態に疑問を感じ、画像検索で調べた所見つかりました。
パクリ
左が私の元投稿で、右がパクリ投稿です。
私のツイートした写真に自分が撮ったかのような文字まで入れ、ツイートも改変して投稿されていました。おまけに驚く事に、リツイート数はその日に投稿されたばかりというのに、2年がかりで溜まった元写真を上回っています。
元写真にもリツイートが増えていたのは、2年前の私の投稿を憶えていた方が、パクリツイートだと指摘してくれたためでした。元写真が紹介されるとこちらにリツイートする人が増え、それが最近の爆発的リツイートとなっていたのです。最初はやんわりとパクリツイートに抗議しました。しかし反応は有りません。そのうちプロフィールのツイート表示からは見られなくなりました。何か対処がされたのかと思ったらそうではありません。写真自体はしっかり残っていました。
抗議を読んで、私の目から隠そうとしたのかも知れません。でも実際は残っていたそのツイートにはパクリツイートへの非難が連なっていたのです。
非難
ちょっと溜飲が下がりました。

この非難のためかパクリ投稿者は私をブロックしたので、プロフィールやツイートを見る事は出来なくなりました。でも、写真自体を表示することは出来ました。

削除申請しかないと思い画像に対する報告から申請してみましたが、違反は確認出来ませんでしたという返事が返ってきただけ。
パクリに憤慨する私に何人かの方からご助言いただき、面倒でも著作権侵害を詳細に述べるのが早道だと気付きました。


その結果です。
パクリツイートからは写真が削除され、その旨が説明されています。

実はパクリツイートの検索にはGoogleの画像検索を使いました。
検索窓に自分のフォルダーから画像をドラッグアンドドロップで、無断使用や無断掲載ページが表示されます。その結果同様のパクリツイートは他にも有り、目立ったものだけでも3件ありました。
これらをまとめて違反申請するプラグインもありましたが、操作でひっかかりました。
結局申請出来たのは1件だけでしたが、案外速やかに削除されました。
やはり、一つ一つ丁寧に申請するのが間違いないようです。
急がば回れですね。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (1412)

紅富士の頃

カテゴリ : 
祭り・催し » 管理人ブログ
執筆 : 
henporai 2014-12-20 23:09
平成26年12月19日に羽鮒山まで紅富士と夜景を見に出かけました。
冬晴れの日の当たり前の光景ではありますが、この夕暮れ時の光の移ろいは見飽きることがありません。ご紹介します。

NKN_0300-800

16:11 町も富士山も夕陽に照らされ、オレンジ色に染まります。

NKN_0308-800

16:32 町は陰り、夕焼けは雪化粧をピンクに染めました。

NKN_0311-800

大地の影が駈け昇り、夕焼けは雪化粧に追い詰められました。

NKN_0313-800

夕焼けが空に抜ける寸前。

NKN_0324-800

雪化粧は素面に戻り、街にはちらほら灯りが点り始めます。

NKN_0353-800

宵闇が富士山を飲み込む一方、街の灯りは輝きを増します。

NKN_0356-800

富士山は宵闇に没し、夜の街は光が満たします。


富士山が夕陽に染まりやがて闇に沈むまで、カメラの機能を使用し10秒ごとに撮影した写真で動画を作りました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3225)

富士宮まつりが迫りました

カテゴリ : 
祭り・催し » 告知・紹介
執筆 : 
henporai 2014-10-31 9:13
11月3-5日に行われる富士宮まつりがいよいよ近づきました。
今年はダイドードリンコの日本の祭りで応援され、地元テレビ局他BSで放送されます。
予報では3日の天気が心配されますが、4日には回復とのこと。富士山の姿を見てもらいたいものです。

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3271)

星空はいかがですか

カテゴリ : 
祭り・催し » 管理人ブログ
執筆 : 
henporai 2014-8-28 11:44

先日ヒメボタル撮影中にカメラのCCDがお亡くなりになったので、今まで我慢していたカメラの購入を検討していました。
天の川をきれいに写したいという願望を実現するために決定したのがこのカメラです。

有効画素数が2435万画素、撮像素子シフト形式の手ブレ補正はオプションのGPSユニットと組み合わせる事で星の移動を追尾することが出来ます。


これがそのGPS装置です。

西臼塚星追尾
GPS装置を使用したアストロトレーサーという機能で撮影したもの。5分露光。
星空をカメラが追尾したために、星は止まりましたが富士山や地上の景色がぶれています。

西臼塚バルブ
解放で5分露光したもの。
富士山や地上はぶれていませんが、星空は回転しています。


使用したレンズは魚眼レンズです。
頭上に広がる大きな空を見渡すためには多少の広角ではカバーできません。

水ヶ塚公園の星空
頭上の天の川を丸々とらえるのは、このレンズならではの威力です。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3324)

祭りブログが移転しました

カテゴリ : 
祭り・催し » 告知・紹介
執筆 : 
henporai 2014-2-2 22:58

某新聞社提供ブログサービスの終了で、2007年から書き続けた「へんぽらいの祭り談義」が移転しました。新たなタイトルは「へんぽらい写真日記」となります。
手作業での転記移転は投稿数が多くてあきらめましたが、移転のための投稿データエクスポートサービスを利用してデータを新ブログにインポートし、旧ブログの投稿は全て移転が完了しました。そのため、祭り関連の記事が多数を占めています。
今まで同様、御覧いただければ幸いです。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4084)

年末年始の賑わいにと、わが家の窓に撮りためた写真や動画などを映写することにしました。予定は次の通りです。

場 所  浅間大社西門通り富士宮市民文化会館入り口角の佐野写真館窓

期 間  12月22日から1月7日までの午後7時から9時
     大晦日午後11時から元日午前2時まで、
     初詣正月三が日は午後6時から9時と時間を延長します。

映写内容 富士山写真スライドショー
     富士宮の祭り写真スライドショー
     祭りの動画


PCのスクリーンセーバーによるスライドショーで、この様な形で映写します。



スクリーンセーバー別形式の動画です。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (3971)

平成25年富士宮まつり

カテゴリ : 
祭り・催し » 告知・紹介
執筆 : 
henporai 2013-9-29 9:57
平成25年富士宮まつりのポスターとチラシが出来ました。


富士宮まつりのポスター


富士宮まつりのチラシ表


富士宮まつりのチラシ裏
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4347)

平成25年7月28日の伊勢神宮式年遷宮お白石持ちに参加し、宇治橋到着までを記録し­ました。
御垣内は撮影できませんでしたので、悪しからず。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4906)

浅間大社境内で出会ったアブラゼミの幼虫を連れ帰り、コンパクトデジカメ(PENTAX X-5)のHDムービーで記録しました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4490)
最新のエントリ
カテゴリ一覧
アーカイブ

Powered by XOOPS ◇ Theme designed by OCEAN-NET + へんぽらい ◇ Copyright (c) 2004 All rights reserved.  製作提供 佐野写真館