一覧

富士宮口富士山開山祭

近年雪解けの遅れから山開きが遅れる事が続き、現在静岡側では7月10日を山開きと決めました。 歓迎セレモニーが行われ、浅間大社拝殿で開山奉告祭が行われます。山岳救助隊の結団式、英国公使の歓迎。 村山浅間神社では水垢離で身を清め、護摩焚きが行われます。 夜浅間大社ふれあい広場では手筒花火が披露されます。

高円寺阿波おどり 東京観光 夏祭り

高円寺阿波おどりは、東京周辺では最大規模の阿波踊りで、発祥地の徳島に次いだ規模を誇る約1万人が踊り、東京の代表的な夏祭りの1つでもあり、今では夏の風物詩として定着している。また本場である徳島県からも参加がし、遠方からの参加者も多い。毎年8月下旬(最終の土曜・日曜)に開催される。

秋田竿燈まつり

竿燈(かんとう)は、毎年8月3日 - 6日に秋田県秋田市で行われる祭り。祭りの正式名称は「秋田竿燈まつり」。 竿燈全体を稲穂に、連なる提灯を米俵に見立て、額・腰・肩などにのせ、豊作を祈る。重要無形民俗文化財に指定されており、青森のねぶた祭り、仙台の七夕まつりと並んで東北三大祭りの1つとされる。また、二本松提灯祭り(福島県)、尾張津島天王祭(愛知県)と並び、日本三大提灯祭りにもなっている。2000年までは8月4日 - 7日の日程で開催されていたが、東北地方の他の祭と日程が重なりやすかったため、2001年から1日前倒しして現在に至っている。

高崎まつり

高崎まつり(たかさきまつり)は、毎年8月の第1土・日に群馬県高崎市の中心街で行われる祭り。山車曳き回し、神輿渡御、花火大会など盛りだくさん。 群馬県最大規模の祭りで、来場者は公称約70万人。特に初日の夜に行われる花火大会は北関東では茨城県の土浦全国花火競技大会に次ぐ規模で種類も豊富。花火の打ち上げ数は1万5000発。

成田山祇園祭

成田祇園祭(なりたぎおんさい)は、7月7・8・9日に直近の金・土・日曜日に開催される千葉県成田市の祭礼行事。成田山新勝寺の宗教行事である「成田山祇園会(なりたさんぎおんえ)」の期間に合わせて開催される。成田山祇園会とは、新勝寺の本尊「不動明王」の本地仏である、奥之院・大日如来の祭礼である。成田祇園祭は、成田山と旧成田の全町が参加する大規模なもので、大日如来を「ご尊体」とした御輿が渡御し、合わせて10台の山車(だし)や屋台(やたい)が一斉に繰り出す。[wikipedia成田祇園祭]より

三嶋大社流鏑馬

三嶋大社の流鏑馬を平成23年8月17日に見学しました。 浅間大社の小笠原流とは違う、武田流の流鏑馬です。 走路は森の中なので見通しがきかず、見る場所が限られます。 この日の見学では良い場所に入れず、肝心の流鏑馬の写真をあきらめました。

浅間大社御田植祭

7月10日の富士山開山を目前に、7月7日に浅間大社御田植祭が行われます。浅間大社拝殿で神事が行われた後、神田の宮まで隊列を組んで移動し、神事の後に田植え舞が奉納されます。その後神田が田代役によって耕され、稲苗が早乙女によって投げ入れられます。浅間大社に戻り、田植え舞が奉納され、参列者に稲苗が投げられます。